株式会社juura -
7月
2

ホンダ・オデッセイ

written by juura

平成7年製・走行140000kmのホンダ・オデッセイの整備をさせて頂きました。車は大変重さを感じていたものでした。引き摺りを測定しましたら、前輪片側が5kg以上、後輪は片側1kg程度で、エンジンを始動させて、ブレーキペタルを離しても車は前進をしません。整備を始めて、先ず一つ目は、ディスクパッドが摩耗していて残量は2mmでした。タイヤとホイールのセッティングも悪く、車は横揺れが酷い状態であり、とてもコーナリングを楽しむ事など皆無の車であると思いました。ユーザーに説明をいたしまして、整備と共にタイヤとホイールの交換をする事をお薦め致しました。整備、タイヤ、ホイール交換後は走行時の振動も軽減され、重く感じていたハンドリングも軽くなり、滑らかに走っている事をユーザーから報告して頂いております。
また、燃費が劇的に向上したとの御意見を頂き、この度も大変お喜び頂きました。

written by 株式会社Juura- 5月 29th, 2012

Leave a Comment - Here's your chance to speak.(eMail will not be published)

2013年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RSS このサイトを RSS で購読