株式会社juura -
7月
2

アルファロメオ・スパイダー

written by juura
written by 株式会社Juura- 2月 2nd, 2012
 
 
アルファロメオ・スパイダー

916系アルファロメオ・スパイダーのSSBS整備を行いました。
ブレーキはフロントがブレンボ、リヤがルーカスとなります。

ブレーキを踏むたび、またサイドブレーキを引いたときにギギギッという不快な音を発しておりました。
車検整備を行ったばかりと伺っておりましたが、本当に整備を行ったのか疑わしくなるような状態でした。

整備前の引き摺り(ひきずり)は、右前輪600g、左前輪1300g、右後輪3300g、左後輪3100gとなっていました。
3000gの引き摺り(ひきずり)となると、動かすのにかなりの力を要します。

ブレンボ

 

ブレンボ

ブレンボは最高のブレーキメーカーといわれておりますが、ブレーキの三大欠点である引き摺り(ひきずり)、効き遅れ、鳴きは全く克服できておりません。
特に鳴きについては、ブレンボだから仕方が無い、効くこととの引き換えであると諦めておられる方がほとんどだと思います。
SSBS整備を行えばそれは直ります。
また、効きについても、効き遅れは全く無く、最高のパフォーマンスを発揮することができます。
高価なブレーキもパフォーマンスを発揮できなければ、宝の持ち腐れと言っても過言ではありません。

ルーカス

ルーカス製リヤブレーキキャリパーです。
リヤブレーキは軽視されているのか、まともに効いている車両は皆無です。
且つ、強く引き摺って(ひきずって)います。
リヤブレーキがきちんと効かなければ、本当に安定したブレーキングにはなりません。
リヤブレーキは非常に重要なのです。

ディスクローター

整備前のディスクローターです。

ディスクローター

整備後、周囲を数キロだけ
走行したディスクローターです。

整備後、3000gという引き摺り(ひきずり)は限りなく減少し、スイスイ動くようになりました。
オーナー様からは、軽くアクセルを踏み込むと軽く加速するようになったとコメントをいただいております。
ブレーキをきちんと整備することでこのようなことが可能なのです。

Leave a Comment - Here's your chance to speak.(eMail will not be published)

2013年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RSS このサイトを RSS で購読